みたむむ.com

生態系大学院生。いろんな書きたいことを書いていきます。

【雑談】アメフトのニュースについて思うこと。

こんばんは。

ちょっとアメフトのあの話について思うところがあったので、書き連ねます。

 

アメフトの話、整理するとこう。

レギュラーを外された選手が試合に出るために危険行為を監督・コーチから指示され行った。それがあまりにもひどかったため事件沙汰に発展。

 

やられた関学のQBの子はかわいそうとは思います。

それを言われてやった本人もそうだし、そんな指示した首脳陣もあり得ないとは思います。

 

ここまでは誰も異存ない部分。

ここからが思うところ。

 

すこし前に教育界隈で道徳の授業で使われる「星野くんの二塁打」のお話が話題になりました。

簡単にまとめますと、星野くんが監督にバントを指示された場面で自ら考え行動し、ヒッティングし二塁打を打ったことでチームは勝利。しかし、監督は指示違反をした星野君を次戦でスタメンから外しました。星野くんは間違っていたのか?これでよかったのか?というお話。

 

これに対して個人的見解を言いますと、星野くんは間違っていて監督の対応が正しいと思います。なぜなら星野君がヒッティングして二塁打を打ってチームが勝ったことはあくまで結果論でしかないからです。これを肯定すると全員がホームランを狙ってホームランを打てば勝てるという極論が成り立つからです。またチームスポーツにおいて司令塔というのは必須であり、個人個人がすべてにおいて個人の裁量で動くというのはチームとしての弱さが浮かび上がります。

 

ここで今回のアメフトの話。

何度も押さえておきますが、起こった事実に関しては行った日大の選手も日大の監督・コーチも悪いです。

ただ、そこに付け加えて権力のある監督やコーチというのを批判する声が上がります。

これはぼくは違うかなと。アメフトのようなチームスポーツで全員が個人の裁量で動き統率が取れるなんて言うのは夢物語です。ある程度は強権的な監督・コーチというのが必要である、今回攻めるべきはそれに溺れた日大の首脳陣であってそういう形ではないのです。

こういう話を聞くたび頭に思い浮かぶ言葉があります。

 

「勝てば官軍負ければ賊軍」

© 2018 みたむむ.com All rights reserved.