みたむむ.com

生態系大学院生。いろんな書きたいことを書いていきます。

【大学生活】就職って親の影響が強いと思う。

 

修士二年になって、また学部生以来の就職活動ブームみたいなのに周りがなってるんですが、みんなからどういう企業に行きたいとかこだわりポイントみたいなのを聞くと非常におもしろい。

 

・とりあえず内定くれたとこ

・家から近い

・関東!

 

前の大学とすこし違うなあと思うのは初手から中小企業狙いが多いなあということ。滋賀にあっては京都大阪が近いのでそこそこの規模の企業が多いのかはじめからそういうところに絞って就活してる子が多いです。

 

秋田の時はみんな地元から大都会が離れてるせいか、都会志向が強いイメージがありました。できれば東京の大企業!最低でも仙台!みたいな。もちろん、地元志向の子もいますけど。あと、同じ地元志向でも最近流行りの地域限定職みたいなのも多く聞きました。

 

自分が何で就職せずに博士課程まで行くんだろう?と考えたときいくつかの言い訳が上がります。

 

・就職活動して周りと比べられたくない。潜在的な能力を測られたくない。

・単純にサラリーマンみたいなのが嫌。

・研究がそこそこ面白い。

・取れるなら博士号まで取っておきたい。

・サラリーマンするくらいなら起業する。

・他人とはいつまでも違うことをしていたい。

 

父親が自営業、母親が大企業の現場職なので勤め人も経営もある程度肌感覚では理解してるつもりです。多くの人は親や周りが皆勤め人だと思います。そうすると入ってくる情報は勤め人視点というか労働者視点ばかりなんですよね。そうすると自分の思考もかなりの割合で勤め人視点からのものに支配される。サラリーマンが当たり前みたいな。

それが悪いわけじゃないんですけどね。ただ、自分がここまで空前の売り手市場にも関わらず博士進学するあたり、親の影響が強いんだろうなあと。なんかどうにもならなくなったらこれで企業しようとかとりあえずこうしてみようとか。まあ家が安定しているのもあるのかも。

 

就活してる中には将来的に起業しようとしている方もいると思うけど、いろんな社長クラス(中小企業)に会って話した感じで言うとある程度業界が分かればさっさと起業したほうがいいです。3年目くらい?分野にも寄ると思うけど。

 

結局いくら業界で勤め人しても経営者とは違うので。起業しないと経験しないこと、わからないことたくさんみたい。ここらへんは共通してた。勤め人時代の経験が使えないとは誰も言ってませんでしたけど。

 

ここらで。

© 2018 みたむむ.com All rights reserved.